任意整理の金利と利息制限法について

任意整理をすると、債務がほぼ必ず減額されます。なぜかというと、元金にかかっていた利息と、返済期限を過ぎてもお金が返せなかったときについた遅延損害金がカットされるからです。これは、任意整理で和解する上での義務ではありませんが、代理人の弁護士、司法書士は必ず和解条件に織り込むので、応じればカットになるというわけです。
それともう一つ、金利計算のやり直しが行われるので、それによっても債務が減額になるかのうせいがあります。金利の弾き直しはなぜ行われるのかというと、契約時期によってグレーゾーン金利での利息を支払っていた可能性があるからです。グレーゾーン金利とは、出資法を基準にして定められており、現在、基準になっている利息制限法の利率よりも高くなっています。しかし、任意整理をすると、過去に出資法の利率で支払った利息を、利息制限法で支払った場合はどうなるのかという計算を行い、払いすぎていた利息は元金から引かれます。たとえば、元金が100万円で払いすぎていた利息が30万円あった場合は、引き直しによって元金が70万円まで減るわけです。貸金業者との契約期間によっては、払いすぎた利息が元金を上回ることもあります。その場合は、貸金業者に返済する必要がなくなり、むしろ、貸金業者からお金を返してもらうことになるのです。
なので、貸金業者との契約時期が古い場合は、あえて任意整理を行って元金を一気に減らすというのも一つの方法といえるでしょう。