キャッシュカードは降ろす、キャッシングは借りる

キャッシュカードとキャッシングは、同じお金を手に入れる行為でも根本的に違います。
キャッシュカードは、銀行に預けているお金を降ろすためのカードです。
振り込まれた給料、余裕ができたときに振り込んだお金など、これまで貯めておいたお金を必要なときに、銀行から降ろして自由に使うためにキャッシュカードは使います。

それに対してキャッシングは、銀行や消費者金融などからお金を借りるためのカードです。
申し込みをして契約完了時に希望すれば、カードは手に入れることができます。
カードを所持していれば、いつでもお金は借りることが可能です。
商業施設や娯楽施設など、様々な場所に置いてあるATMでも使えて、お金に困ったときはいつでも借りられます。

しかし、キャッシング即日借りたお金は、期日までに返済をしなければいけないお金です。
キャッシュカードを使って手に入れたお金は、元々は自分の銀行口座にあったお金ですから、元に戻す必要は一切ありません。
ですが、借りたお金は銀行や消費者金融に、返済する義務が発生します。
この点が降ろすことと借りることの大きな違いで、常に頭の中に入れておく必要があることです。

しかも借りた場合は、利息をプラスして返す必要があります。
利息は借りたお金を全額返済するまで、支払い続ける必要もあります。
銀行からキャッシュカードでお金を降ろさない代わりに借りる人もいますが、借りて返済する必要があることだけは注意しておきましょう。