オリックス銀行カードローン、通常の返済方法とは

オリックス銀行のカードローンの通常の返済方法ですが、残高スライドリボルビング方式という形になっています。
リボルビング方式というのはクレジットカードのリボ払いと同じようなものですから、聞いたことのある人、実際に使っている人もいるでしょう。要は、利用額の多い、少ないにかかわらず、毎月の支払額は一定になるというもので、月によって支払額が大きく異なることがないためにお金の管理がしやすくなるというメリットがあります。
ただし、オリックス銀行カードローンの場合は、単なるリボルビング方式ではなく、残高スライド方式が採用されています。これは、ある範囲内の利用額の場合は、毎月の支払額は確かに一定になるけれども、その範囲を超えて利用した場合は、毎月の支払額はアップするということで、イメージとしては、毎月の支払額は利用額に応じて階段状になっていると考えてもらえばよいでしょう。
具体的には、利用額残高30万までの場合は毎月の支払額は7000円です。30万を超え50万までの場合は1万円、50万を超え100万までの場合は2万円というようになっています。このように、利用額残高がその範囲内に入っている限りは、例えば残高が90万であっても60万であっても毎月の支払額は2万円というように一定になっていることが分かります。
なお、この残高スライドリボルビング方式はあくまでも通常の返済方法であって、お金に余裕ができたときにはその都度返済することも可能です。